【名言】ハリー・ゴードン・セルフリッジ~ボスとリーダーの違い~

スポンサーリンク

おはようございます。朝から元気を「あさげん」です。
本日も朝から活力になる言葉をお届けいたします。

 

さて、本日の朝の名言は米国人起業家 で“イギリスの高級百貨店のセルフリッジズ (Selfridges)”の創設者『ハリー・ゴードン・セルフリッジ 』の言葉です。

 

~「ボスとリーダーの違い」

ボスは部下を駆り立てるが、リーダーは部下を指導する。

ボスは権威を切望するが、リーダーは好意を期待する。

ボスは恐怖をかきたてるが、リーダーは情熱を生み出す。

ボスは『私』と言うが、リーダーは『私たち』と言う。

ボスは時間通りに来いという、リーダーはみずから時間前にやってくる。

ボスは失敗の責任を追及するが、リーダーは失敗の後始末をする。

ボスはやり方を知っているが、リーダーはやり方を教える。

ボスは仕事を苦役に変えるが、リーダーはそれをゲームに変える。

ボスは『やれ』と命じるが、リーダーは『さあやろう』と言う。~

 

結構有名な言葉かと思いますが、今回取り上げてみました。
この言葉は“ボス”よりも“リーダー”の方が優れているというように見えますが、
私あさげん的には、どちらも優秀だからこの地位があるのだと思っております。

 

では、この両者の違いは何か?
個人的には“Player(プレイヤー)”か“Carch(コーチ)”かの違いと思っております。

 

名プレイヤーが名コーチになるとは限らない、また逆でプレイヤーとして実績はないがコーチ力が優れている監督の方が存在するのが良い例かと思います。

 

プレイヤーは圧倒的力を持っているので、ついてこいこいタイプで、反骨心のある部下は育つのかと。憧れますしね!

コーチは協調性が優れているので、一緒に頑張っていこうというタイプで、協調性が高いのかと。人に頼れる力もあると思います。

 

私は完全にコーチタイプなので、リーダーの言葉に特に共感を感じます。
ただ、どちらも備えている方が本当の“ボス”であり“リーダー”なのかもしれないですね。

 

あなたはどちらに魅力を感じ、どんな人になりたいでしょうか。
そして、現在すでに部下を持つ立場の人は、ボスであればリーダーの言葉を考えるきっかけに、
リーダーの方であればボスの言葉を考えるきっかけにしてみても面白いのでしょうないでしょうか。

 

さてそれでは、本日はこの辺で。
それでは本日も素晴らしい一日を!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました