【名言】~仕事は朗らかな気持ちで ~(アメリカの作家:デール・カーネギー)

名言
スポンサーリンク

おはようございます。朝から元気を「あさげん」です。
本日も活力になる言葉をお届けいたします。

 

さて、本日は名著“人を動かす”や“名言集”でもお馴染みのアメリカの作家『デール・カーネギー』氏の言葉をお届けいたします。

 

~ご存知だろうか、
1日中礼儀正しく朗らかな気持ちで仕事をすれば、
1日中腹を立てて仕事をしたときよりも、
夜寝るときの疲労がずっと少ないということを。~

 

まず“朗らか”の意味を辞書で調べてみます。
【朗らか】
1 心にこだわりがなく、晴れ晴れとして明るいさま。
2 明るく光るさま。日ざしが明るく、空が晴れわたっているさま。
3 広く開けて明るいさま。
4 あいまいさがなく、はっきりしているさま。
※goo国語辞書https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%9C%97%E3%82%89%E3%81%8B/

 

言葉を見てもイメージはできますが、私なりの朗らかな“人”や“考え方”は以下のようなものです。

 

【朗らかな人】
・感情豊かで良く笑う。
・楽観的で落ち込まない。
・プラス思考で、物事をポジティブ(肯定的)に捉えられる。
・感情の起伏がなく怒らない。

逆に“陰気な人(朗らかな人ではない)”は上記の反対の考え方を持つ以下のような人となります。

【陰気な人(朗らかな人ではない)】
・喜怒哀楽の“喜”や“楽”がなく、あまり笑わない。
・悲観的で、落ち込みやすい。
・マイナス思考で、物事ネガティブ(否定的)に捉えてしまう。
・感情の起伏が激しく自他に対して怒りを感じる。

 

では、朗らかな人にどう近づくか、私なりに2つご紹介したいです。

①時間にゆとりを持つ
時間に余裕がある人は、心に余裕ができて“朗らかな人”が多い気がします。

やはり、時間に追われていると朗らかになりたくてもなれませんし、笑いたくても笑えません。
今のお仕事の業務量や私生活で忙しい方は、効率化や時間を作ること、時間を買う為の投資をしてみる。

 

最近の日常生活の流行りは「乾燥付洗濯機」や「お掃除ロボット」等。
お仕事では「効率が悪いな」と感じるものにどうすれば早く終わらせられるかを考えてみる等。

 

②楽しいことややりたいことに取り組む
自分のやりたいことや楽しいことに取り組んでいる人は、活力に溢れています。
仕事などがやりたいことであれば、言う事なしですが、もしそうでない場合仕事もやりたいことや楽しいことにするのは難しいです。
なので、本業はしつつ副業に取り組んでみたり、趣味を見つけたり運動をするのも良いです。

やりたいことになるまでには時間がかかるかもしれませんが、そのような行動をして出会う“人”との繋がりも“朗らかな人”へ近づけるはずです。

 

③おまけ
毎朝の笑顔の練習も効果的みたいです。

 

私も朗らかな人で在りたいなと思う今日この頃です。

 

さてそれでは、本日はこの辺で。
それでは本日も素晴らしい一日を!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました